きちんと。

今日は代休取りました。

なにせ土曜出勤が4週も続くため、その代休をどこかで入れなければならないため。
代休なんて要らないからそのぶん手当にして欲しいなあ、なんて思ったり。
無理だろうけど。

さてそんな代休、県外のFacebookのお友達で美容師の人のところへ髪を切りに行ってきました。
湿気の多い時期なんで髪が伸びてるとちょっと不快な感じなので短めにしてもらいました。
おかげでスッキリ。
なんていうか、歳取ってくると若い頃に比べて髪質は変わるし、太さや量も変わって来ますんでね。こればっかりは逆らうわけにはいきません。白髪も染めたりしてたけど、もういいかなあって。
そのせいかなあ、最近自分よりも歳の上世代の人見ると髪型だったり、ファッションだったりどうやってるのかなあなんてよく観察してます。
会社にも先輩方、いらっしゃいますが全然参考になりません。
だってオトコ捨ててるようでダサいんだもん、みんな。
まあ、普通に外にいる人もみんなそんな感じなんだけど先日お客様でカッコいいオジさんがいました。

スッキリ短髪でまとめ、ヒゲを蓄え、決してメタボでなく細身でファッションも清潔感のある、決して頑張ってる感のない服。
そしてシャキッとした立ち姿にきちんとした言葉遣い(ここ重要)。
俺、こうあるべきだなあ、って思いました。

逆に言うとこれからは自分があんな風になりたいって目標にされるくらいにならないといけないよなあ、とも感じました。
そう、いつまでもきちんとした男性。そうありたいと思いました。

 

根付いてないのね。

サッカー、負けちゃったんだねえ。
正直なところ、結果だけ分かれば良かったんで寝ちゃったので。
そんな興味ないのに夜中の3時になんて起きてられるわけないし。
そのあと仕事って人も昼間頑張りきれる体力があるか、いてもいなくてもどうでもいいような人かのどっちかが真夜中頑張って観てたんだろうなあ。
俺、両者でもないし。

なんか朝いくつかの記事見たけど,掌返しもいいところだね。
特に本田佳祐に対して。
あれだけみんな叩いてたじゃん。言うこと、やること。
それでいて「なんだかんだ言ってもプロは結果がすべて」だと。
ホントなんだかな、と思う。

結局のところ、勝って、騒いで喜びを共有できればいいんだろうね。
まあほとんどの人の中でサッカーが根付いてないんだってことはよくわかった。そんなもんなんでしょ?

オールスター

プロ野球オールスターゲームの監督推薦が発表されましたね。
良かったなあと思うのは千葉ロッテマリーンズの荻野選手の初選出。
2010年の入団以来、毎年何かしらのケガで一年間満足に出場できたシーズンがなかったんですよね。
でも今年は開幕から好調。一時期調子を落とした時期もあったけど3割台をキープしてマリーンズの核弾頭としてチームを牽引しているんです。オールスターの舞台でも自慢の足を見せる機会があるといいけど。


ところで。
2005年に交流戦が始まってからセとパの対決が毎年シーズン中に見られるのでオールスターゲームの楽しみが薄らいでいるのでは、という声もチラホラ聞かれるんだとか。
そしてオールスターに出ないで休養したいと考えている選手もいるとか。
地に墜ちたな、オールスター(笑)。

オールスターって「夢の球宴」って言われるくらい、ステータスのあるイベントだったんだけどな、昔はさ。
でも実際はベンチでうちわ扇いでニコニコ笑いながら試合を見守ってる選手とか。なんかホントのお祭りと勘違いしてるのかもしれませんが。
なので昔のそれこそ超一流ばかりが集まるオールスターとはもう趣が違うんだよなあ・・・昔は3戦もやってくれるのがホント嬉しくて仕方なかったのに。
もうこれからはメジャーリーグ同様、一試合でいいかもしれませんね。日本の場合、興業として試合数が多いほど収入が見込めていいんだろうけどもうそういう部分は切り離して考えないといけないような気がしますね。
なのでやっぱり一試合。選手もそこに立てることを誇りにできるくらいのステータスがないとね。出場することで年俸査定の対象にするとかね。そしてそこでリーグの誇りをかけて戦うくらいの気概でね。そんなオールスターが観たいよなあ。ショー化しちゃったテレビ局にも問題があるんだよなあ・・・。

まあともあれ、今年のオールスター、出場する選手はプレーで魅せて欲しいなあと思います。

羊と鋼の森

今日は映画観てきました。
羊と鋼の森」。
原作者の宮下奈都さんが好きだったし、なによりこの作品、昨年の本屋大賞を受賞したんですよね。
それが映像化されるってことですごく楽しみにしてたんです。
調律師の世界の作品なのだけど、こうした普段接することのない職業にスポットが当たるってことはいいことだなって思います。
友人でもひとり調律師やってるのがいるけど、ホント大変な仕事してるんだなあって感じました。作品の中ではだいぶ誇張しているのは重々承知だけれど、調律の世界を感じられただけでも良かったなあ、と。

今年の映画はこれで7本目だけど外れが一本もなし。
まだ半年あるしまだまだいい作品たくさん観られそう・・・、楽しみです。

何か一枚。

やっぱり歳取ったら暑くてもTシャツ一枚はみっともないな。
外歩いてて、他の中高年の方見てそう思いました。
腕・胸の筋肉、お腹の贅肉、そして肌の状態。
若い時とは違うんだよね。
Tシャツの上に必ず何か羽織ろう。

めんどくさい。

やっぱりSNSってめんどくさい。
リアルな友だちだったら今日こんなことがあった、って書き込みに対して普通にコメントできるけどSNSでの付き合いしかない人にいちいちコメントなんて書けないものなあ・・・。

こっちが書くのめんどくさいだから相手だってそうだろうし。
相手が書いてくれたからこっちも書かなくちゃ、っていうのもなんだかおかしな話。
そういう点ではこのブログみたいにただただ自分の思ってることを垂れ流してるほうが気楽なのよね。炎上するようなことも書いてないし。
mixiもやめたし、FBもほどほどにして。
こういうSNSもストレスになるから、適当にやるくらいがいいのよね、きっと。

それではまた。

気になること。

最近気になること。


自動車のコマーシャルで自動ブレーキ搭載をアピールするメーカー、増えましたね。
あれ観てるとあたかもよそ見してても平気だよって言っている気がするのは自分だけ??
やっぱりきちんと運転してて咄嗟の時に頼る装備だと思う。
あればあったで便利な装備だけど全員に必要なのかといえばそうでない。
前車標準装備にしてその分価格が上がってしまうのもどうだろう。
結局そういう”付加価値”で少しずつ価格ベースが上がってしまっているんだよなあ。
そりゃクルマ離れも進む。
俺も必要でなくなったら手放す。だんだん魅力が薄くなっている気がするなあ・・・