違うんですよね。

德永英明さんのファンになってかれこれ30年くらい経ちます。

最近はあの「VOCALIST」シリーズで新しいファンがたくさんついたみたいで。

正直言うとこの人たち、あまり好ましく思いません。

昔のファンって德永さんに良くないって思うことはダメ出ししてたんですがね。

例えばヒゲ生やし出したときも「似合いませんよ」とか。

けど、今のファンってなんでも「いいですね」とか「素敵ですね」なんて言うから呆れてしまう。

ジュリーに提供した「DAYS」もYoutubeで歌ってるアレンジバージョンはすごく評価が高いんだけど、ホントはオリジナルに忠実に歌ってるほうが妖しくて壮大な雰囲気出てるんだけどな。イントロとか、コーラスなんかもすっごく良くて。
「Realize encore」ツアーや「JUSITCE」ツアーでは原曲に忠実に歌っててすごくカッコ良かったんだけどそういうのも知らない人たちだからなあ・・・

そもそも、デビュー30周年のファン投票なんかでもデビュー当初のバラード、全然入ってないものな。「9月のストレンジャー」とか「ガール」とか「最後の学園祭」とか。
一緒にその時代に聴いてたら共感できたと思うけど、そういう世代でない、いま聴いても心になんか響かないんだと思う、きっと。

悪いとは言わないけど、決して良くは思わないな。

なのでライブももう行くのも止めました。ちょっと違うんですよね、何かが。