オールスター

プロ野球オールスターゲームの監督推薦が発表されましたね。
良かったなあと思うのは千葉ロッテマリーンズの荻野選手の初選出。
2010年の入団以来、毎年何かしらのケガで一年間満足に出場できたシーズンがなかったんですよね。
でも今年は開幕から好調。一時期調子を落とした時期もあったけど3割台をキープしてマリーンズの核弾頭としてチームを牽引しているんです。オールスターの舞台でも自慢の足を見せる機会があるといいけど。


ところで。
2005年に交流戦が始まってからセとパの対決が毎年シーズン中に見られるのでオールスターゲームの楽しみが薄らいでいるのでは、という声もチラホラ聞かれるんだとか。
そしてオールスターに出ないで休養したいと考えている選手もいるとか。
地に墜ちたな、オールスター(笑)。

オールスターって「夢の球宴」って言われるくらい、ステータスのあるイベントだったんだけどな、昔はさ。
でも実際はベンチでうちわ扇いでニコニコ笑いながら試合を見守ってる選手とか。なんかホントのお祭りと勘違いしてるのかもしれませんが。
なので昔のそれこそ超一流ばかりが集まるオールスターとはもう趣が違うんだよなあ・・・昔は3戦もやってくれるのがホント嬉しくて仕方なかったのに。
もうこれからはメジャーリーグ同様、一試合でいいかもしれませんね。日本の場合、興業として試合数が多いほど収入が見込めていいんだろうけどもうそういう部分は切り離して考えないといけないような気がしますね。
なのでやっぱり一試合。選手もそこに立てることを誇りにできるくらいのステータスがないとね。出場することで年俸査定の対象にするとかね。そしてそこでリーグの誇りをかけて戦うくらいの気概でね。そんなオールスターが観たいよなあ。ショー化しちゃったテレビ局にも問題があるんだよなあ・・・。

まあともあれ、今年のオールスター、出場する選手はプレーで魅せて欲しいなあと思います。