少し距離を置く

ずーっと德永英明さんのファンでした。
ファンでした、といっても今でも聴いているんだけど。
昔はCDが出れば全部買って、ファンクラブにも入ってライブに行ったりもしてたけど、そこまでのことはしなくなったなあ。

なんか歌の世界が変わったからかな。
もやもや病発症してからかな、なんか優しく、というか丸くなっちゃった。

そこに持ってきてカヴァーアルバムいくつも出して売れたことで、なんか全然違うファンがついちゃったなあ。
そこが一番の理由。

昔のファンってさ、德永さんのこと、ダメだったらダメって言えたんだけど、昨日今日ファンになった人ってみんな受け入れちゃうんだよなあ。

それって本当のファンじゃないと思う。
そしてせっかくファンになったのなら、昔の曲も遡って聴いてほしい。
「9月のストレンジャー」とか「冬の動物園」、「ペンダント」、「最後の学園祭」とかものすごく切なくなる曲があったし、その後も「眠れない夜」、「Money」、「The SUN」とか社会を憂う、嘆く曲もすごく良かった。中でも「JUSTICE」は最高だった。「壊れかけの」と同じ時期でまだ29歳くらいだったはず。所属していた事務所を離れ、独立する時に書き上げた曲だったと記憶しているけどあの若さであんな壮大なスケールの曲をつくるなんてすごいなあ、って思ったものだけど。最近のポッと出の偽善丸出しの心にもないようなことを歌詞にしてる貧弱なグループよりも数倍かっこよかったから、生き方がね。

あと残念なのはライブで原曲からアレンジしすぎること。歌い方まで変わって残念、って曲もたくさんある。「DAYS」なんかはファンに指示されてる未発表の曲だけれども楽曲提供したジュリーのオリジナルバージョンのほうが妖しくセクシーでいいんだけどな。初期の頃の「Realize encore」や「JUSTICE」ツアーではほぼ忠実に歌ってて良かった。イントロやバックコーラスとか背筋がぞくっとするような。最近ファンになった人たちに聴かせてやりたいくらいだけどもう音源がないんだろうな、残念。

そんな最近の彼のことしか知らない人が”ファン”の中心になってる現状は決して好ましいことじゃないなあ。FBの友だちでも熱烈なファンの人たち、いるけどちょっとそれ違うよ、って思うことも多々ある。德永さんも歳取ったのかな。もっともっと攻めて欲しいけどな。